×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チック症の症状

当サイトについて

当サイトではチック症の主な症状について解説をしています。 チック症という病気はあまり馴染みのない病名ですが、子供の多くが経験したことのある病気です。

チック症の症状のタイプ

チック症には症状のタイプが2種類あり、音声チックと運動チックに分別されます。
自閉症と間違われることもありますが、チック症は自閉症と異なりコミュニケーション能力の発達遅延がありません。

幼児から小学校低学年ぐらいまでの子に多く見られる病気で5人に1人の割合で発症する病気です。 ストレスや緊張などがきっかけで発症することが多いと言われています。

癖と勘違いすることも

チック症の症状は一見すると、ただの癖だと思うことも少なくありません。

そのためチック症にも関わらず放置しておくと、症状が酷くなり日常生活にも支障をきたす可能性があります。 また、癖がそのままチック症になる可能性もあるので放置しておくことが最悪な結果を生むこともあります。